50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

企業が求める50代と企業へのアピール法

   

企業が50歳以上の方に求めることとは?

 求職活動で大事なことは、企業がどういった人材を求めているのかを把握することです。これをしっかりと把握していないと、就職が上手くいかずに時間がかかってしまいます。そのため、自分のスキルや経験が活かせる企業を探さなくてはいけません。

 50歳以上での転職ともなると、やみくもに応募しても効果がありません。50歳は20代の若者と違って企業が求めているものは違います。社会人経験を何十年と積んでいますので、これまでのスキルや管理能力、さらには経験などが求められることが多いです。

 また、50歳にもなれば平均年収も高くなっていますので、当然ながら求める金額も高額になります。ただ、企業としてはよっぽど能力などが見合っていない限り、高給での雇用は難しいのです。そのため、企業としてはできるだけ安い賃金にて働いてくれるかがポイントとなるのです。安い給料でこれまでのスキルなどを若い人に教えてくれるのが、一番です。

50歳以上の方の企業へのアピール法とは?

 50歳に求められるのは、これまでのスキルや経験です。自分の能力をより企業へアピールすることができれば、就職できる確率も高まります。そのため、自己アピールを上手くできるかがポイントとなるのです。過去の実績などをアピールする際には、具体的な数字を使ってのアピールは有効的です。

 しかし、数字の羅列を多用するのは逆にマイナスなアピールとなることもあるので注意しましょう。例えば異業種に挑戦するとします。そんな時に実績として数値を羅列したとしても、相手には数字が伝わりづらいです。同業種であれば問題ありませんが、異業種へのアピール法は、細かい数字は出来るだけ避け、売上や経費、利益といった部分のわかりやすい結果を伝えると良いでしょう。

 また、50歳ともなれば色々な経験や成果を出してきたと思います。それら全てをアピールすることは難しいですので、企業が求めている内容を把握し、それに関連するような経験などをアピールしてください。当然職務経歴書などでキャリアを記載していると思いますが、その中でも最も重要な部分を記載したり、面接時に伝えるようにしましょう。

 - 転職活動の予備知識

  関連記事

実現可能な計画をたてる

なぜ計画が必要なのか  景気回復と行政の後押しが功を奏して、2014年以降、50 …

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?  50歳以上で転職活動を始めようと思う …

自分の市場価値を認識する

市場価値がどうして重要なのか  転職市場における求職者に価値には、個人差がありま …

体調管理への意識を高め実践することで成功する転職

意識の高い人ほどやっている体調管理  転職活動に最も必要なものは、実は体調管理な …

no image
転職に有利な資格と意味のない資格とは?

転職に有利な資格とは? ●これまでの仕事の経験などを証明できるような資格がベスト …

転職のタイミングを間違わない

自分にベストなタイミングとは  50歳以上の転職の場合、すでに40代よりはハード …