50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

働きやすい環境をつくろう

   

働きやすい環境の作り方とは?

 50歳以上の求人を行う場合、採用側が気にするのは組織対応力です。長年培った高度なスキルを持ち、多くの部下に囲まれる生活を送っていたことから、役職は上でも自分より年下の者と上手くやってくれるだろうかということです。これさえ、柔軟に対応してくれるなら、採用側は何も言うことはありません。

 こうした採用側の期待に応えるためには、そして50歳からの求人に挑むためには、なにより自分が働きやすくするためにも組織対応能力が優れているという点をアピールする必要があります。では具体的にどうすればいいのでしょうか。

 第一に聴く耳を持つことです。第二に、培ったスキルを新しい会社の中で縦横に加工して、時に指導し、時に協調しながら、その場のTPOに併せて積極的に会社の目標に向かっていく姿勢を見せることが大切です。年齢ではなく、自分より先に入社してきている人は全て先輩である、という思いは常に忘れずに持っておくことも大切です。そうした根底の思いが、やがて居場所を作り、人望を集めていくことになるのです。

意識の持ち方と改善方法とは?

 長年培い、成果を挙げてきたスキルや手法は所詮過去の会社での手法であり成果です。とはいっても、その実績はこれからの実績作りにもちろん大きな役割を担っていくことになります。大切なことは、今まで培った経験が、新しい会社で出会うどんな状況や考え方、仕事のプロセス等がこれまでと違っていても、嘗て達成した経験のある目標であるなら、そうでなくとも豊富なビジネス感覚をもって、必ずや達成できるという自信を忘れないことです。

 ただ過度に大きな期待を寄せられる余り、ストレスを溜めこんでしまいかねない事態が起こるかもしれません。しかし、どんな事業でも、目標となるものはパターン化されています。例えば市場拡大、市場創出、売上倍増、原価削減、業界のリーダーカンパニーになる、新規事業の確立等々です。

 これら目標のために企業は様々な戦術を立ててきますが、最終的な目標はこのようにある範囲の中に納まるのです。会社全体で共有するこうした目標の前では、「自分が」ではなく、組織を融和の下にリードし、目標に向かって一丸となって突き進もうとする姿勢が欠かせません。一人でストレスを溜めることではないのです。

 - 転職のマメ知識

  関連記事

no image
良い評価をもらうために

頑張っても評価をされない人の特徴とは?  人が頑張れる大きな要因には、人からの評 …

転職理由はしっかり考えよう!

仕事に対する不満と転職理由は違う?  50歳を過ぎて、現職を辞めて、転職をしよう …