50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

良いエージェントの見分け方と関係の築き方とは?

   

良いエージェントの見極め方とは

 50歳から転職をする際には、一般に掲載されている求人情報を活用するだけでなく、良い転職エージェントを活用することが、就職を成功させるための秘訣とも言えます。

 基本的に転職エージェントの専任アドバイザーは求人情報を提供するのみに終わらず、履歴書や面接の対策、さらには条件などの交渉を企業と行ってくれたりもするのです。そのため、個人で就職活動をしているよりも、はるかに成功する確率が上がるのです。

 エージェントと一口に言っても、人間ですので相性というものがありますし、良いエージェントとそうでないエージェントが実際にはいるようです。

 見分け方は色々ありますが、大抵担当に付いてくれるエージェントは数十社の求人を抱えています。そのため、的確に企業がどういった人材を求めているかを把握しているかどうかで、できるエージェントかどうかを判断できます。

 また、実際に応募した際には採用されるかどうかのジャッジもしてくれます。企業の状況を把握していますので、条件によっては厳しいと思っても、はっきりとその状況を教えてくれない場合もあります。時にははっきりと無理だと伝えてくれるような人は、良いエージェントと言えるでしょう。

転職エージェントの担当者と良い関係を築く方法とは?
 
 実際の流れは、転職エージェントの担当者が判断して、あなたへと仕事を紹介しますので、エージェントの関係は良くないといけません。転職エージェントを検索するためだけの媒体程度に考えていると、良い関係性を築くことができず、結果的に就職することが難しくなります。

 エージェントからは希望としていない職種、もしくは企業への紹介をされることも当然あります。これを希望と違うからといって無碍に断ったりしていると、エージェントには就職する意思がないとも判断されてしまう可能性があります。

 また、対応が面倒くさく感じてしまうこともあるかもしれませんが、気持ちは自分が思っている以上に、それが伝わってしまうかもしれません。

 そうならないためにも、たとえ希望と違った企業を紹介されたとしても、次に繋がるような関係を心がけるのが大事なのです。エージェントに登録をすれば、メールや電話だけで紹介をしてくれますが、エージェントとの関係性を築いていくことで、より親身になって接してもらうことができるでしょう。

 - エージェントを活用しよう

  関連記事

転職サイトのスカウト機能でチャンスを広げる

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトの一般的な使い方は、自分の希望する条件 …

エージェントの特徴と活用法

エージェントの特徴とは?  50歳で転職したいと考えているなら、転職エージェント …

転職エージェントを積極的に使う

転職エージェントのサポート範囲  転職エージェントに登録すると、専任のキャリアコ …

求人情報媒体は選んで使い分ける

求人情報媒体の違い  求人情報媒体は、それぞれで扱っている求人の内容が異なってお …