50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

転職に必要な5つのステップ

 転職って、結局は方法なんです。例え同じ人でも、方法が違えば結果も違うものが出てきます。50歳以上は楽に転職できる年齢ではありませんが、方法が正しければ、苦労はしたとしても、念願の転職を実現させることができるはずです。

転職準備のポイントは書き出すこと

 転職準備の方法ですが、何事も紙などに書き出し整理した方がいいでしょう。自己分析も活動計画も各種研究やリサーチも、全て書き出して整理をしないと、本当に大切な部分は見えてきません。この方法によって、格段と充実した準備ができるはずです。

【参考記事】
実現可能な計画をたてる
自分の市場価値を認識する
転職のタイミングを間違わない
体調管理への意識を高め実践することで成功する転職

求人情報獲得時のポイントとは

 使えるものは何でも使う。これが求人情報を得ていく時のポイント。また、保留と比較などの作業を適切に行い、無駄に確保する求人が多くならないことに気を付けておきましょう。求人情報が発しているメッセージを的確に受け取る意識も求められます。

【参考記事】
求人情報媒体は選んで使い分ける
転職エージェントを積極的に使う
転職サイトのスカウト機能でチャンスを広げる

応募書類で見つけたいベストな表現

 「本当に自分の全てを表現できているか」と、「余分な情報を書いてはいないか」については、しっかりとチェックしておくこと。応募書類はここがポイント。何度も見直すと、もうちょっと工夫すれば上手く伝わる部分、というのが大抵誰でも見つかります。それを見つける努力を怠らないようにしましょう。

【参考記事】
50歳以上の履歴書のポイント
50歳以上の職務経歴書のポイント
50歳以上が応募書類を送るなら

面接は誠実な受け答えが吉

 しっかりとキャッチボールができていれば、面接は失敗しません。相手が投げた質問を確実にキャッチし、相手が取りやすい回答を丁寧に投げ返す。この繰り返しが面接です。奇を衒う、出来る人間であることを過剰に見せようとすると失敗するので、誠実な受け答えを意識した方がいいでしょう。

【参考記事】
50歳以上だから気を付けたいマナー
逆質問の活用方法
面接対策は身だしなみから
50歳の転職と給与交渉

退職でも間違えたくない正しい方法

 「なぜ今、退職してしまうのか」という疑問を会社は持つかもしれません。その疑問に答える用意をしてから、退職を願い出ましょう。何も備えないまま突き進んでしまったら、きっと退職は成立しません。ここでも方法を間違えないようにしてください。

【参考記事】
円満退職は転職成功の基本
入社前にチェックしておくべきこと
途中入社だから気を付けたいこと

公開日:
最終更新日:2015/12/14