50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

転職に有利な資格と意味のない資格とは?

   

転職に有利な資格とは?

●これまでの仕事の経験などを証明できるような資格がベスト
 50歳以上で転職となると、相当難しいことが予想されます。少しでも有利に就職活動を進めるためにと、これから資格を取ろうとする方もいるでしょう。しかし、50歳から資格取得をはじめても、就職に有利となるような資格を取ることは難しいです。

 何故なら企業が50歳に求めていることは即戦力です。それ以外にはないと言っても過言ではないでしょう。50歳の採用者に対して一から仕事を教えてくれるような企業はほとんどありません。そのため、能力などが見合っていないと採用してくれないのです。

 よっぽど取ることが困難な資格を取れれば有利になるかもしれませんが、誰でも取れるような資格では採用を左右するほどの効果は無いでしょう。

 これまでに仕事を通して資格を取得していた場合には、それは就職活動に役立つかもしれませんが、もしも役立つ資格を取得したい場合には、これまでの仕事の経験などを証明できるようなものを取得するようにしましょう。

 例えば英語を使う仕事に従事しており、それを活かすために英検を取得するならば、面接時のアピールで説得力を増すことができるのです。

50歳以上の方が取っても意味のない資格はある?
 
 50歳以上の方が、今から未経験の分野の資格を取得しようとしても、ほとんど意味がありません。なぜなら、50歳からはじめて取れるような取得では、それほど高い効果を発揮することがないからです。

 例えば美容師の免許を取得していたとしても、実務経験がないと使い物にはなりません。若い人ならばこれから育成していけば良いでしょうが、仮に50歳の人ならば採用はしてくれないでしょう。

 このように、これから資格を取得したとしても、あまり意味のないことになってしまうのです。全く意味のない取得とは言えないかもしれませんが、これから取得に向けて活動するよりも、その時間を旧祝活動に使ったほうが効率的でしょう。

 特に50歳以上の方には知識や経験を活かした業務、さらにはそういった経験をもとに部下を育成していくことを、企業は求めています。そのため、少しでも50歳以上でも求人できる募集を探し、多くの企業に応募していくことが、就職するための道となります。

 - 転職活動の予備知識

  関連記事

体調管理への意識を高め実践することで成功する転職

意識の高い人ほどやっている体調管理  転職活動に最も必要なものは、実は体調管理な …

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?  50歳以上で転職活動を始めようと思う …

実現可能な計画をたてる

なぜ計画が必要なのか  景気回復と行政の後押しが功を奏して、2014年以降、50 …

自分の市場価値を認識する

市場価値がどうして重要なのか  転職市場における求職者に価値には、個人差がありま …

転職のタイミングを間違わない

自分にベストなタイミングとは  50歳以上の転職の場合、すでに40代よりはハード …

企業が求める50代と企業へのアピール法

企業が50歳以上の方に求めることとは?  求職活動で大事なことは、企業がどういっ …