50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?

   

転職活動は在籍中と退職後どちらにすべき?

 50歳以上で転職活動を始めようと思うなら、在籍中と退職後、どちらが有利だと思いますか?どちらにもメリットとデメリットがあるので、迷うひとも多いことでしょう。

 2014年に入り、転職市場では40代・50代の求人があらゆる業界・職種で増加傾向にあります。その背景には、長い不況下では安定した事業を手堅く守ることを優先していた企業が、業績の回復を受けて、将来に向けた投資を始めたことがあります。

 企業内に最小限の人材を確保することで会社を成り立たせてきたからこそ、新規のマーケットや業界で即戦力となる中高年の力を必要とするところが増えたのです。そうした好機を逃さずに、希望の転職を果たす方法とは、一体どちらなのでしょうか。

在籍中に転職活動をするメリット・デメリット

 在籍中に転職活動をするメリットとしては、経済的な基盤がある中で、余裕をもって進められることがあげられます。履歴書や職務経歴書にブランク欄ができることもないので、書類選考や面接で不利に働くこともありません。

 一方で、転職先の内定が出たからといって、希望の入社日に合わせて退職できるとは限らず、内定辞退に追い込まれるケースも少なくありません。また、「現職があるなら、わざわざ転職しなくても…」と、書類選考で落とされる可能性があることも、デメリットといえます。

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

 では、退職後に転職活動をするメリットを考えてみましょう。それは、自分の時間を自由に転職活動に充てられること、そして内定後すぐに入社するのが可能なことがあげられます。一方のデメリットとしては、退職してから時間がたてばたつほど、履歴書や職務経歴書のブランク欄が長くなり、それが転職活動にマイナスに作用するようになることです。

 50代の求職者に対し、企業は業界や職種に精通した専門スキルと、人的ネットワークを持っていることを期待しています。そうした能力があれば、長い転職活動期間はないはずと、判断されやすくなってしまうのです。

 実際に転職活動を始める状況は、ひとによってさまざまでしょう。ですが、転職市場での50代の価値を考えると、短期決戦がセオリーです。きちんと計画を立ててから、転職活動を始めてください。

 - 転職活動の予備知識

  関連記事

no image
転職に有利な資格と意味のない資格とは?

転職に有利な資格とは? ●これまでの仕事の経験などを証明できるような資格がベスト …

実現可能な計画をたてる

なぜ計画が必要なのか  景気回復と行政の後押しが功を奏して、2014年以降、50 …

転職のタイミングを間違わない

自分にベストなタイミングとは  50歳以上の転職の場合、すでに40代よりはハード …

体調管理への意識を高め実践することで成功する転職

意識の高い人ほどやっている体調管理  転職活動に最も必要なものは、実は体調管理な …

企業が求める50代と企業へのアピール法

企業が50歳以上の方に求めることとは?  求職活動で大事なことは、企業がどういっ …

自分の市場価値を認識する

市場価値がどうして重要なのか  転職市場における求職者に価値には、個人差がありま …