50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ

*

転職活動を始めようと思いますが、面接が苦手です。

   

転職活動を始めようと思いますが、面接が苦手です。久しぶりの面接となりますが、緊張がほぐれるアドバイスをください。

転職活動を決められたのですね。実際に数をこなしていくとだんだんと慣れてきますが、面接は久しぶりということなので最初のうちは緊張するかもしれないですね。

面接は何も怖いものではない

会社はあなたがそういう人材で雇ったら会社の利益になりそうかを見極めています。そういう意味では、見られる立場であることは確かです。人から自分の価値をチェックされると思うと、肩に力が入ってしまいますよね。

でも、逆に言えば、あなた自身にとっても、その会社を見て転職するに値するかをチェックする場でもあるわけです。自分が見られるばかりではないと思えば、少し面接に対する印象が変わってくるのではないでしょうか。

双方の利害が一致して初めて、転職は成功するものです。転職後の人生がより自分の理想に近づくように、しっかりと見極める姿勢を忘れないでください。

面接を受けるにあたって、予め話す内容を準備する

話す内容がいくつか頭に入っていると、心を落ち着けて面接を受けるのに役立ちます。

面接を受ける会社の事を良く調べる

転職しようとしているのに、その会社について何も知らないようでは話になりません。たとえあなたがどんなに有能な人物であっても、会社に関する質問に答えられないのでは採用は危ういです。

自分に関する事柄

今の会社を辞めて、どうしてこの会社に入ろうと思ったのかを明確に話せるようにしておいて下さい。一度就職した会社を辞めるという事は、よっぽど何か理由がない限りは本人の落ち度と捉えられかねません。その部分は曖昧にせず、きちんと受け答えができるように準備しておきましょう。

自己PRも必ず伝える

これは、会社にとって必要な人材かを判断する上で非常に鍵となる内容ですから、特に相手から求められなくても、他の質問への回答に付け加えたり、「最後に何か言いたいことは?」と聞かれた際に伝えたりするようにしましょう。

重要な事さえ準備しておけば、他の質問で少々つまずいても気にしなくて大丈夫です。下準備をしっかりして、大きな気持ちで面接に挑みましょう。

 - よくある質問

  関連記事

関連記事はありませんでした